投薬治療はどんな治療が行われる?

投薬治療は攻めの薬と守りの薬

薄毛脱毛症の大半が、何かの疾患や障害等で薄毛脱毛症になる以外は、男性型脱毛症又はAGAと呼ばれています。テストステロンと言う男性ホルモンが、体内で分泌される事で脱毛を促進させます。又生活習慣の乱れや加齢等が原因で起こり、血流の悪化や毛を作る細胞が弱ってしまうのも脱毛の原因です。脱毛の治療には投薬治療をメインとして、治療する人の傷病の既往歴等によって、幾つかの治療法を選択します。その中で投薬治療は薄毛脱毛症のベースとなる治療法です。投薬治療は最も一般的な治療法で、投薬によって薄毛の原因を体の内側から改善します。投薬治療には、脱毛を防ぐ守りの薬と、発毛を促す攻めの薬があります。この守りの薬と攻めの薬を併用して治療の効果を高めて行きます。

投薬治療以外の治療法

薄毛脱毛治療はメインは投薬治療ですが、他にも育毛や発毛を促進させる成分を、直接注入する注入治療があります。注入治療は投薬治療のみではなかなか効果が出ない時、補助的な治療として行われます。只注入治療は薬の成分にアレルギー反応を起こす人や、産毛さえ残ってない人には効きません。これらの治療法が効かない人には、自毛植毛と言う手術があります。これは自身の毛根を薄毛部分に移植する手術です。手術後1年で、新しい毛が生えそろうと言う気の長い手術で、糖尿病や皮膚疾患、瘢痕がある人は手術を受ける事は出来ません。手術費用も移植範囲によりますがかなりの高額です。そしてまだ扱う医院は少ないですが、新技術を使った最新の治療を施術する医院もあります。